濵田 健
徳島大学大学院 先端技術学科教育部 物質生命システム工学専攻 修了

2017年入社

品質管理部

Q1 富田に入社を決めた理由は何ですか。

原料メーカーであり、様々な医薬品や食品に使用されているため、多くの人々に貢献できると思ったから。

Q2 現在の業務でやりがいはなんですか。

当社の売上半分以上を占めている製品の分析に関わっています。
メイン製品の売り上げがよかった時には、営業の人から良く頑張ってくれた!とお褒めの言葉をいただき達成感を感じると共に、富田の中枢を担っているという責任感が生まれ、やりがいにつながっています。

Q3 入社から現在までどのような仕事に携わってきましたか。

1年目は品質管理部に所属し、初めのうちは先輩に分析機器の操作方法や1日の業務の流れを教えてもらいながら、粉末透析剤の含有分析や他部署からの試験依頼に携わっていました。
2年目では、1年目で覚えた仕事をよりスムーズ行いながら、透析チーム全体の分析状況を把握したり、製剤部や営業部と密に連絡を取って出荷日までのマネジメントを行っています。
また、新規の分析機器の購入から運用まで任せされています。

Q4 将来、ありたい姿は何ですか。

品質管理に関して社員から信頼される存在です。
多角的な視線から品質管理のことを考えることが出来、課員から一番に相談してもらえる、またしっかり課員のことを考えマネジメントができる上司になりたいです。
そのためにも、いまはまだ一つの製品にしか携わっていませんが、多くの製品の分析に携わり、他部署としっかり連携をとることで今後さらに会社のことを深く知っていきたいです。

Q5 仕事での失敗経験を教えてください。 また、失敗した時どのように乗り越えましたか。

預かっていた納品書をポケットに入れたまま洗濯してしまったことがあります。他部署の仕事に遅れが出てしまい、取引先や社内の担当者に謝罪をしました。
しかし、先輩社員から「この件はこの日までにこういった処理をすればいいよ」と的確で具体的な指示をいただいたことで事なきを得ました。
富田では、たとえ失敗してしまったとしても、他部署の担当者や先輩がしっかりフォローしてくれます。私も将来こんな時しっかりとフォローできる先輩にならないといけないと感じました。

Q6これまでで最も印象に残っている仕事は何ですか。

製造に使う機器の洗浄を行う際に、きちんと洗浄が完了しているか分析する大きな仕事(洗浄バリデーションと言います。)を、入社して間もない時期に任されたことがあります。
もちろん、先輩に助言をいただきながら進めましたが、新入社員時から大きな仕事にも携わらせてもらえることで、自身の経験値とモチベーションの向上につながりました。

Q7 富田はどんな会社ですか。

個を大事にし、チャレンジすることを応援してくれる会社であると感じます。
自己啓発で取得した資格の費用補助があり、自身の成長を促進させてくれたり、やりたいことをしっかり受け入れてくれます。
また、そういった社員を上司がしっかり評価をしてくれるので、働き甲斐があり、モチベーションのアップにもつながります。

Q8 学生へ一言お願いします。

「ここでいいかな」と妥協するのではなく、自分が行きたい、目指したいところに向かって突き進んでください。

上司コメント<1>

Q1. 入社から現在まで、どのように成長しましたか。
当初から仕事に対する理解度が速く、また、自分の考えを持って日々の業務を遂行出来ています。さらに最近では、分析結果だけに留まらず、全体的な業務効率を見据えて仕事を出来るようになりました。
Q2. 今後、どのような活躍を期待しますか。
リーダーシップ能力を高めるとともに高い専門性を身に付け、幅広い分野で活躍できる人材を目指してほしいと思っています。